« デジ放送のコピーワンス制限の見直し | トップページ | iShade が懸賞で当たりました! »

2007年8月31日 (金)

動くデスクトップ画面

 動くデスクトップ画面・壁紙は、ずっと以前からあったようです。素材といっしょになったものがネットから取得できたので使ってみたら、当然CPU負荷が高いのですぐやめました。CeleronクラスのCPUパソコンでは画面維持だけでCPUパワーを消費されて、他の作業がもたつきます。ビスタが出てから、Ultimate だけは標準で動くデスクトップ画面の機能が付いているようです。
 で、今回たまたま気づいたんですが、ISOファイルをそのまま再生できるVLC media player で好きな動画をデスクトップ画面で再生できます。任意の動画をVLC media player で再生して、ツールバーのビデオ→壁紙を実行。まずVLC player の枠と重なってデスクトップ画面に映りこみます。で、VLC  player を最小化するとばっちりOKです(^^ゞ 最小化でなく、閉じてしまうとデスクトップ画面も消えますのでご注意を。 CPU負荷は通常の動画再生と同じで、デスクトップ画面に出す・出さないでは変わりません。
 デュアルコアCPUならほとんど負荷はないですが、CeleronやSempronクラスのCPUだと、高負荷になるので作業のバックグラウンドで表示するのは避けたがいいでしょう。
 VLC media player は去年9月に記事にしてますが、ISOイメージファイルの再生・管理と今回の使い方ができるので、優れものですね!入手先は http://www.videolan.org/

|

« デジ放送のコピーワンス制限の見直し | トップページ | iShade が懸賞で当たりました! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« デジ放送のコピーワンス制限の見直し | トップページ | iShade が懸賞で当たりました! »