« USBメモリーに入るウェブブラウザ | トップページ | 記事内容のおわび »

2007年7月29日 (日)

マイクロソフト・オフィス互換機能とOffice Live

 オフィス2007で作成されたファイルをもらうことが増えたようですね。ところがワード2007でファイルを保存すると拡張子は「.doc」ではなく「.docx」となり、オフィス2003などでは開くことができない。この場合はOSとオフィスを最新の状態にアップデートして、マイクロソフトのホームページから「Office互換機能パック」をダウンロード&インストールしてオープンXMLという形式で見れるようになります。
     それからこれも目新しい機能ですが、マイクロソフトがOffice Live と名称でホームページ開設用のサーバーサービスを開始しています。まず独自ドメインが無料で取得できます。サーバーとしての機能はプランが、Basic ・ Essentials ・ Premium と3種類あり、Basic ならずっと無料で使えます。Essentialsと Premium もベータ期間中無料となってます。Essentials と Premium がいつから有料になり、月額料金がいくらくらいになるかまだ分かりませんが、面白いサービスだと思います。デザイン構築支援としてOffice Live Site Designer ツールというのもあります。私もWEBサイトを運営してるので、詳細をつかんだら活用を検討しようと思います。Officelivehikaku Office Live のページはマイクロソフトOffice Online のホームページの上のリンクにMicrosoft Office Live がありますので、参照してみてください。(図は3つのプランの比較表です)

|

« USBメモリーに入るウェブブラウザ | トップページ | 記事内容のおわび »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« USBメモリーに入るウェブブラウザ | トップページ | 記事内容のおわび »