« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月22日 (金)

サブ用のノートパソコン修理しました

 冷却不良のノートパソコンを修理に出して戻りました。CPU回りのヒートシンクが埃により目詰まりしてたらしく、排熱不良だったらしいです。あとコンボドライブが読み込み不良だったので交換。修理代金総額56,000円を一部購入先のコジマの保証が効いて差し引き41,000円程かかりました(>_<) 痛い出費です。

 修理前は冷却不良のCPU負荷過重でウィンドウズのアップデートができなかったので、修理後試したらちゃんとできました。でも2時間程のウィルススキャンをやったら、以前みたいにフリーズせず完了したものの、終了後のCPU使用率が100%のまま全く下がらない状態。再起動したらOKだったものの、排熱は完璧ではないようです。イーヤマの3年半前の製品ですが、どうも構造が排熱に弱い作りのような気がします。

 ところで、今私が欲しい周辺機器はH.264キャプチャーボードです。17,000円くらいのが13,000円代に値下がりしたので欲しいなぁと思ってましたが、同じくらいの値段で新製品でいいのがあります。USBメモリータイプのH264エンコ-ダ-・Instant Video To- Goという商品です。ADS Technologiesという会社が出してます。これは、100分(容量約2GB)のMPEG-2ファイルをわずか20分程 でMPEG-4に高速変換するとか。通常のエンコードソフトではH.264へはCore2Duoのパソコンでもけっこうかかります。2GBのMPEG-2ファイルを20分程で変換するとはかなりの高速です。欲しいですねー!新製品でまだ予約段階で、価格は14,800円。サイトページはhttp://www.focal.co.jp/store/product/detail.html?id_Product=1822

 MPEG2をDivXやH.264にエンコードすると容量が1/5くらいになりますからねー。家庭用のDVDプレーヤーも最近のはMPEG2やDivX形式が見れるようになってますね。H.264対応も出ていたような気がします。つまり、1枚のDVDでDVDビデオ形式よりたくさんの容量が保存できるので、パソコン用途以外でもエンコードのメリットは増えてきてますね。私は現状、エンコードはフリーウェアのMediaCoderを使ってます。だいたいXviD形式で変換してますが、XviD形式もDivX対応の家庭用DVDプレーヤーで見れますよ。

 

| | コメント (0)

2007年6月14日 (木)

新セントリーノがリリース

 インテルのノートパソコンのプラットフォームであるセントリーノデュオが刷新されました。正式名称がインテル・セントリーノデュオ・モバイル・テクノロジーからインテル・セントリーノデュオ・プロセッサー・テクノロジーに変更。ノート用Core2DuoのFSBが667MHzから800MHzへ向上し、省電力機能としてCPUへの負荷が少なくなった状況では動作クロックを600MHzまで落とす「ダイナミックFSBスイッチング」、アイドル時の消費電力を下げる「拡張版Deeper Sleep」の機能を追加。また、「ターボモード」という機能も追加。シングルスレッドのアプリだけ動作させる場合、一方のコアをアイドル状態にし、もう一方のコアをプラス200MHzのオーバークロック状態にさせ、擬似的にシングルコアCPUとしてワンランク上の性能アップを狙うもの。たとえば、Core2DuoT7100の動作クロックが1.8GHz→一時的に2GHzになります!

Newcentrino 一方、新セントリーノデュオの目玉として「ターボメモリー」という専用モジュールが加わりシステム全体の高速化と省電力化を高めてます。名称が紛らわしいですが、上述の「ターボモード」とは違う機能です。NAND型のフラッシュメモリーを搭載した専用モジュールにより、ウィンドウズ・ビスタの「Ready Boost」と「Ready Drive」と連携して動作します。ただセントリーノデュオの必須要件ではないようです。最近のノートパソコンの広告にも「ターボメモリー搭載!」とか打ち出してますね。

 また、構成要素のチップセットはインテル・GM/PM965エクスプレス。グラフィック内蔵のGM965はインテル独自の動画再生支援機能の「クリア・ビデオ・テクノロジー」によってグラフィック機能を強化してます。また、サポートHDDもノートではおそらく初のSATAⅡをサポートしてます。無線LANモジュールも次世代規格のIEEE802.11nをサポート、高速化を図ってます。とにかく、New セントリーノデュオは魅力ありますね。

| | コメント (0)

2007年6月 8日 (金)

iTunesのDRMフリー化

 iTunes が著作権保護機能のDRMをなしにしたダウンロードサービスを開始しました。ソフトをアップデートすると対応になります。EMIがDRMフリーを認め、アップルと提携したようです。DRMというのはほんとやっかいで、以前ナプスターで2ヶ月前くらいにダウンロードした洋楽が聞けなくなっていました。ダウンロードしたDRM適用曲はCDに焼いたり、他の機器に保存ができないとは聞いてましたが、ダウンロードしたパソコンでも聞けないのは納得いきません。とにかくiTunes 以外はもう利用しないつもりです。

 楽曲ではないですが、GYAOのストリーミング動画はGetASFStreamとかのツールを使うとダウンロードして好きな時に観れますが、これもDRMがかかっているので一定期間後に観れなくなります。ただ、保存したやつをアナログ機器を通して再保存すればDRMははずれますのでずっと観れるようになりますが(あくまでも個人の鑑賞範囲で)…とにかくパソコンに取り込んだだけでは一定期間後に観れなくなります。ただ気付いたのは新たにダウンロードしたのは当面観れるので好きなのをダウンロードしたら、以前取り込んだいったん観れなくなったものが再度観れるようになりました。新しいのをダウンロードしたら古いものへも使用権限が復活するようです。なんで、いったん観れなくなったものも削除しないで保存しといたがいいですよ(^^)v 

 ところで、SDメモリーなんかがすごく安くなってきたので、動画を携帯機器に移して楽しむのもいいですね!移すのはフリーウェアの携帯動画変換君がすごく便利で重宝します(^^)v 楽曲も携帯の着信用に圧縮保存できますよ!動画も楽曲も自分の携帯機器の対応形式を調べとく必要があります。ソフトバンクの最近の携帯は動画は3GPPのクイックタイム形式・楽曲はAACのiTunes形式ですね。エンコードについてはまたゆっくり記事にする予定です。

| | コメント (0)

2007年6月 4日 (月)

英文エラーを調べる

 ウィンドウズの操作上で不具合が発生して英文のエラーメッセージが出て、英語なんで意味が分からない時がありますよね(>_<) 単語的にだいたいの推測が時もありますが…はっきり調べたいが、文章はマウスで選択できないのでそのままではコピーできない…

 その場合は、エラー画面をアクティブのままにしてキーボードのCtrl + C で画面の文章をコピーできます。マウスでできないことがキーボードでできるわけですね。それをメモ帳などでペーストすれば文章を保存できます。その後に、翻訳サイトなどで調べればOK!翻訳サイトはいろいろありますが、私はgoogle のgoogle言語ツールを使ってます。文章だけの翻訳と、ウェブページの翻訳と両方あります。ページは、http://www.google.co.jp/language_tools?hl=ja

 今日Web Grab というフリーウェアをインストールして起動しようとすると、エラー画面が出て開けません。Net Framework v2.0.50727という言葉がでてたので、これが足らないのだろうと推測。どのバージョンかは一度はインストールしてたはずだが、マイクロソフトのHPからNet Framework のダウンロードページを探すと、最新バージョンは3.0。 最新バージョン入れればOKだろうとインストール。再度Web Grab を開くと同じエラー画面(>_<) バージョンがきっちり合わないといけないのか…しかしv2.0.50727てのは付随文章はあるものの、ダウンロード箇所が見当たらない…普通最新バージョン入れると古いバージョン対応も動くのでは??今のところ分からず保留なり(>_<)

| | コメント (0)

2007年6月 1日 (金)

友人のパソコン購入手伝い

 友人がパソコンを6年ぶりに買い換えるので、一緒に選んであげました。最初の候補は、DELLかマウスコンピュータのHPから見ていきましたが、ドスパラで購入になりました。後々のメンテナンスを考えて、地元に店があるところがいいだろうと、パソコン工房とドスパラを見て、店員の応対がよかったドスパラで購入になりました。ドスパラが熊本に先月オープンしたんですよね。そう、私は熊本人です(^^ゞHPで製品とオプションの構成を決めて、「この仕様で」と熊本店で組み込みです。友人の仕様希望は、ベースは安くてかつそこそこ使えて音楽を楽しみたいだったんで、デュアル・コアで一番安いのでAthlon 64 X2 3800+搭載、標準で2GBメモリー・320GB/HDDのPrime A Lightning AM を選択。オプションでSound Blaster のサウンド・カードと5,000円くらいの5.1chスピーカー、チューナー&キャプチャーボードを追加。これにOffice2007+パワポ、LGの19インチワイド液晶。3年の保証延長つけて15万くらい。キャノンのインクジェットも同時購入なんで。16万ちょっとになりましたが。グラッフィックはオンボードですが、費用的にサウンド優先だったんで我慢。って感じでした。

 LGの液晶ですが、スペック高くて安いんですよねー!LGって二流的で私は好きじゃないんですが、19インチワイド・輝度300・応答速度5ms・コントラスト比2000:1で、22,220円ですよ!・コントラスト比が高いですよね。→画面の明暗がよりくっきり表示されます。普通700か800あたりなんで…いやー、買い得です。

 あ、OSはやはりXPにしましたね。友人もビスタはソフトの対応がやはりまだ不安とかで。全般的にもXPで購入する人が少なくないらしいです。DELLでもオプションでのXP選択を増やしたとか。ところで私の古いノートパソコンも冷却不良でやっと修理出しを決心して購入先のコジマに預けました。メーカー送りになるんで、数週間かかるようです。直ったらまたマックで公衆無線LANで使う予定です。

| | コメント (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »